お笑い


no title

1 風吹けば名無し :2021/11/11(木) 11:30:33.88 ID:zPglaPlyd1111.net

アインシュタイン
インディアンス
アキナ
金属バット
錦鯉
ニューヨーク
ハライチ
フースーヤ
ミキ


【【オールスター】今年のM-1グランプリ決勝メンバーが過去最高のメンツだと話題に!】の続きを読む



1 風吹けば名無し :2021/11/10(水) 13:30:08.72 ID:nTGy3d2Jd.net

「とにかく千秋さんは『口が固い』ので信頼できます。これまで遠藤の浮気が離婚原因だといわれており、千秋もバラエティ番組などでその話が出ると『阪神ファンなのに巨人の選手と仲良くしているのが許せなかった』『娘が(父親似の)大きな目をつけて生まれたので、用がなくなった』などとおもしろおかしく話していました。
しかし、昨年7月に遠藤が初めてテレビ番組で、実は千秋が強く止めたにもかかわらず遠藤が内緒で未公開株の儲け話に手を出し、数千万円を損失したことが原因となったことを、遠藤が初めて告白。この事実を千秋は約9年間まったく口にすることなく、さりげない冗談でやりすごしてきたという懐の広さに『見直した』という声が上がっています」


【【マジかよ】ココリコ遠藤と千秋、意外な離婚理由が明らかに!!】の続きを読む



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/07(日) 16:13:23.55

11/7(日) 16:02配信
SmartFLASH

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

 ダウンタウン・松本人志が、11月5日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)でコンビ揃って「痔瘻(じろう)」だと語った。

 肛門周囲に膿がたまり、それを排出するため管ができた状態の「痔ろう」について、自身の場合は「見た目はイボっぽく見える」と明かす。

 松本は「酔っぱらって寝てるときに、それを触っちゃうのよ」と、寝ている間に気づかずに触っているという。さらに「寝ながら輪ゴムで縛ってもうてるときがある」と無自覚に予想外の行動に。

 朝起きると、輪ゴムが落ちており「ホラーやねんて! 今まで3回あんねん。もう、やりたないねん!」とボヤいた。

 本人としては「うっ血させて取りたいと思っている」という思いからの行動だと分析。

 今後は「寝る前に輪ゴムを隠す」と笑っていました。

 松本の痔ろう秘話に、SNSではさまざまな意見が寄せられた。

《浜田さんが痔瘻って聞いた事は何回もあったけど、松本さんも痔瘻だったんだ》
《痔瘻のことを「肛門のサブウェイ」って呼ぶのwwwww人志松本さんさすがや》
《松本さんが言ってた痔瘻(じろう)って、化膿を繰り返すから早く治療した方がいいと思う》

「同番組で松本さんは浜田雅功さんについて、痔ろうが2つあることをコメント。

 肛門と合わせて『2つめの痔ろうを『三郎』と呼んでいる』と苦笑い。千鳥の大悟さんは『ダウンタウンで(穴が)5個ある』と笑っていました」(芸能ライター)

 痔ろうを抱えながらも例年、年末恒例の『笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)でケツバットに耐えてきたダウンタウン。今年は放送がないということで、お尻をいたわってもらいたい。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/647c3f736d91980c968f0c560f0f0dcbbde69c8c


【【仲良し】ダウンタウン、2人揃って同じ悩みを抱えてしまう…】の続きを読む


no title

1 風吹けば名無し :2021/11/09(火) 05:24:46.35


【【思い出】リンカーンで心に残ってること語ってけ】の続きを読む

no title

【有吉】有吉弘行さん「太田光を叩いてる奴らって太田を初めて見たの?(笑)」wxywxywxywxywxywxywxywxy

1 風吹けば名無し :2021/11/08(月) 09:03:23.35 ID:VlBSSJg9d.net

お笑いタレントの有吉弘行が7日、JFN系ラジオ「SUNDAY NIGHT DREAMER」に出演。物議をかもした爆笑問題・太田光の衆院選特番について語った。

【写真】夏目三久の美しすぎる花嫁姿

 太田は10月31日に放送されたTBS系「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」で司会を務め、選挙区で落選した甘利明氏に対し「ご愁傷様でした」と発言。二階俊博氏には「いつまで政治家続けるつもりですか?」と質問するなど、大きな波紋を呼んだ。


【【煽り】有吉弘行「太田光を叩いてるやつらに聞きたいんだけどさ…」】の続きを読む

このページのトップヘ