コロナ禍


no title

中国人観光客が来ないのは痛すぎますね…

1 首都圏の虎 ★ :2021/08/26(木) 18:49:59.01

千年の都・京都府京都市が危機に直面している。人口減、観光客減、そして借金返済という三重苦に苦しんでいるのだ。世界遺産の街にいま、何が起きているのか。

■人口減少数「日本一」

 京都市の人口は140万720人(住民基本台帳、令和3年1月1日時点)。市区町村別では全国8位の規模である。しかし、前年比では8982人減となり、市区町村別で日本一の減少数となっている。

 京都市の人口の推移は以下の通りだ。

 緩やかではあるが、右肩下がりとなっている。直近18か月(2020年1月~2021年7月)で見ると1.0%の減少で、日本の総人口(日本人以外含む=推計人口)が同期間0.5%減だったことを考えると、減り方はやや大きい。

 京都市の人口が長期的に減少している背景にはいったい何があるのか。2010年以降の国勢調査の結果などをベースに検証してみよう。2020年調査では、前回(2015年)調査時よりも1万293人の減少(0.7%減)となっている。

 やはり人口減の大きな理由は少子化だ。2010年次(2009年10月~2010年9月)の出生者数は1万1616人だったが、2020年次(2019年10月~2020年9月)の出生者数は9548人と1万人を割り込んでいる。

 一方、京都市の転入・転出者の状況を見ると、過去10年間では直近の2020年度以外、1000~2000人前後の転入超過(出ていく人より入ってくる人の方が多い)が続いている。しかし、住宅購入を検討する若い子育て世代の転出が深刻だ。

 広い意味での「子育て世代」である25-44歳世代の2020年1年間の人口減少数は8501人(30代は4444人)にもなる(住民基本台帳ベース)。

 25-29歳 0.56%減 

 30-34歳 2.82%減 
 35-39歳 2.94%減 
 40-44歳 3.90%減
 当然、子ども世代の人口も減少だ。子ども人口(0-14歳)は15万7505人から15万5062人へと2443人減少(1.56%減)となっている。

 20代、30代の転出先で目立つのは大阪府(20代4733人 30代2335人)、東京都(20代2806人 30代996人)、滋賀県(20代1535人 30代1022人)だ。東京都や大阪府は就職や転勤が多いが、滋賀県はより良い住宅・生活環境を求めた移住・転居が多いとみられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/59e70ebb7e7a284ad03947d1c95e0bd4601c6d36


【【おいでやす】京都の人口減少率が日本一に…観光業でもコロナで大打撃を受け大赤字】の続きを読む



1 風吹けば名無し :2022/03/13(日) 15:18:29.55


(出典 i.imgur.com)


【自粛を強いられる陽キャ『もしコロナがなかったら…』と考え咽び泣く…】の続きを読む


no title



1 風吹けば名無し :2022/03/11(金) 10:20:14.79

「令和3年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果」

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/toukei/kodomo/zencyo/1411922_00003.html


【【コロナ世代】最近の小中学生の運動能力、コロナのせいでダントツ過去最低になってしまう】の続きを読む

no title

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資(ローン)である。



(出典 www.publicdomainpictures.net)


こんな世の中になるなんて3年前は予想できるはずないですからね…コロナ禍の影響でマイホームを手放す人はまだまだ増えていきそう。

1 ゆき ★ :2021/09/11(土) 19:30:14.73

 新型コロナウイルスの影響で、住宅ローンの返済に行き詰まる人が8万人を超えました。マイホームを手放さざるを得ない状況に、ある家族が取った意外な解決策とは。

 Aさん(40):「将来的には親と一緒に住もうと思って4LDKにしたんですけど、その前にコロナ禍になったので、にっちもさっちも行かなくなった」

 都内で暮らすAさん。妻と高校1年生の長男の3人暮らし。3年前、新築の一戸建てを35年ローンの3000万円で購入。夢に見た念願のマイホームでした。

 Aさん:「3階の部屋からスカイツリーが見えたから『買おう』ってなりました。夜だと電気がついているので、すごくよく見えるんです」

 住宅ローンの返済は、毎月9万円。しかし去年4月、コロナ禍の影響で給料が半分に。

 Aさん:「元々、手取りで35万円ぐらいあったんですけど、それが18万円とか」

 Aさんの仕事は運送業。1回目の緊急事態宣言で物流が激減、そのあおりを、もろに受けたのです。

 さらに…。

 Aさん:「妻も(コンビニで)アルバイトをしていたけど、コロナ禍で『お客さんが来ないからシフトに入らなくていい』と言われて」

 そして、去年12月。住宅ローンの支払いが滞っていたAさんの元に、ある通知が。返済を厳しく促すための「催告書」でした。

 届いたのは12月22日。8日後の30日までに、残りの住宅ローン2832万円を一括で支払わないと「自宅を競売にかける」と書かれていたのです。

 Aさん:「まさか、こんなことになるとは思わなかったですね」

 このままでは、自宅が競売にかけられてしまう…。困り果てたAさんは、住宅ローン問題を専門に扱う「ナレッジパートナー」の富永順三氏に相談。考えた末、競売にかけられる前に自宅を売る「任意売却」をすることに。

テレ朝news 2021/09/11 18:37
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000228615.html


【【ローン地獄】住宅ローンの支払いができず、マイホームを手放す人が急増中…】の続きを読む



1 風吹けば名無し :2022/01/26(水) 12:06:14.86

ひもじいひもじい

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


【【画像】奈良のシカさん、コロナ禍のせいで大好きな鹿せんべいが食べられない…】の続きを読む

このページのトップヘ