前山剛久


no title

1 jinjin ★ :2022/01/13(木) 23:54:12.23

そして神田沙也加は「伝説」となった…偲ぶ人の多さと知名度の高さを再認識


先月18日に急逝した神田沙也加(享年35)の功績が改めて見直されている。

ミュージカル女優として実力、集客力を兼ね備え、5年先の舞台の予定もあったそうで、「アナと雪の女王」の楽曲「生まれてはじめて」と「とびら開けて」は神田の訃報以来、カラオケランキングで急上昇。

訃報を機に神田を偲ぶ人の多さと知名度の高さを再認識させた。


■誰もが知る「アナ雪」

また、子供時代のいじめ体験など、これまであまり報じられていなかった面も明らかに。
中学時代はいじめが原因で3度も転校。全寮制の中学では下着を盗まれたり、布団を濡らされたりするなど、逃げ場のない壮絶ないじめを経験したという。

それでも母・松田聖子(59)と同じフィールドで勝負するという一番厳しい道を選び、完全実力主義のディズニープリンセスにまで上り詰め、敬愛してやまない大地真央の当たり役ミュージカル「マイ・フェア・レディ」を演じるまでに至った。


心理学者の富田隆氏は「親の七光よりハンディのほうが多かったのでは」としてこう続ける。

「両親が有名すぎたために、子供時代から並大抵の努力では評価されない、周囲の目が非常に厳しい環境で育っている。いじめられるのは“仕返しをしない”からで、いじめられてもひたすら我慢していたのでしょう。芸能界ではそんな苦労を売りにする人も多い中、実力だけで勝負する仕事に対する向き合い方からも本当に誠実で真面目な方だったのだと思われます。そんな環境ゆえ、交友関係は“広く浅く”は難しく、“狭く深く”なりがち。一度人を信用するとどこまでも信頼しようとする傾向があり、1人にはまりやすく、利用しようとする側からは都合がいいという危うさもあったはず。そういった日常生活のネガティブな面を仕事に打ち込むことでプラスに昇華し、キャリアを築いてきたのでしょう」


■元交際相手の「罵声音声」も

遺書の存在も明らかになり、共演者で元交際相手の俳優・前山剛久(30)に「死ねば」と罵倒される音声も残っていたと発売中の「週刊文春」は報じているが、生真面目な神田がなぜ目標としていたミュージカル上演の途中で命を絶ったのかなど謎は残る。神田の存在は伝説になりつつあるようだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/265ff040d6ad774f15d08ac5dba77c866c6228c6


【【そして伝説へ】神田沙也加さん、亡くなった事によりその功績の偉大さが明らかになる…】の続きを読む


no title
no title

1 冬月記者 ★ :2022/01/08(土) 07:53:19.00 ID:CAP_USER9.net

https://social-fill.com/archives/9905

小島みゆ「ツイ消しか」前山剛久とテレビ台会話と合致…神田沙也加との疑惑深まるワケ

 昨年12月18日に亡くなった、神田沙也加さん。

 その交際相手である前山剛久に関し「週刊文春」(文藝春秋)が、「神田さんが亡くなる直前に前山が罵声を浴びせていた音声がある」と記事を公開。その内容は執拗に「死ね」と連呼するかなりショッキングな内容だった。

 5日にネットでこの記事が出た直後に前山は活動休止を発表。タイミングとしても「逃げた」という扱いを受けている状況だ。世間のバッシングは強い状況が続いている。

 そんな中、前山が「神田さんと交際中にも連絡を取り合っていた元カノA子さん」にも注目が集まっている。そのやり取りのLINEの内容も「文春」は公開しており、見方によっては神田さんを嘲笑しているともとれるもので「誰なのか」と話題になっていた。


ネット上では何人もの名前が出たが

 ネット上では何人もの名前が出たが、現在注目されているのが、グラビアアイドルの小島みゆだ。

「前山さんとやり取りするLINEの画面がSNS上で流出し、小島さんの名前があったために『A子なのか』と騒がれました。

 また、流出した前山さんとA子さんのLINE画像では神田さんのやり取りの他『テレビ台』に関する会話がありますが、小島さんが神田さんが亡くなる12月10日にTwitterで『テレビ台に関する発言』をしていたという声もあり、そのスクリーンショットが出回っています。そして、小島さんはそのツイートを現在削除しているという指摘も……。

 いずれにせよ疑惑は深まる印象ですが、LINEもツイートもねつ造できるのもまた事実。一概に鵜呑みにはできません。

 ただ、これだけ疑惑が拡大している状況を考えると、小島さん側もなにがしかの否定のアナウンスをすべきでは、という声もあります」(メディア記者)

 小島は年始3日以来、ツイートはないが……。


前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641550369/





【【疑惑】神田沙也加さんと交際していた前山剛久さん、その元カノとして注目されている人物が明らかに…】の続きを読む


前山剛久、「千銃士」声優も降板を発表 現在公開中の前山の声も公開終了に 神田沙也加さん死去で心身に不調をきたし活動休止中

1 Anonymous ★ :2022/01/11(火) 18:58:38.78

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec81cb5fbb1c4605200fe1e9e97111d12593f684

12月に35歳で急死した神田沙也加さんとの交際を公表した俳優前山剛久(30)が活動休止を発表したことを受け、前山が声優を務めたゲームなどのメディアミックス作品「千銃士:Rhodoknight」は11日、公式サイトで、前山が演じた邑田役の声優を降板することを発表した。

公式サイトでは「先般、所属事務所より邑田役の前山剛久さんが体調不良で活動休止されることが発表されました。つきましては、弊社および所属事務所と双方協議の上、邑田役を担当する声優を変更させていただく運びになりました。何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます」と報告。「なお、現在のボイスは1月中にはお聞きいただけなくなる予定です」と、現在公開中の前山の声も公開終了となることが記された。

後任の声優については「現在選定を進めており、決まり次第ご案内させていただきます」としている。

「千銃士」シリーズは銃の化身である「貴銃士」たちが活躍する。「Rhodoknight」は世界を舞台に暗躍する謎の組織を探るストーリーで、前山演じる邑田は国産軍用銃の化身。活動範囲も、もともとのスマホゲームから、音楽やラジオ出演などに幅を広げている。

前山は昨年、沙也加さんが亡くなった直後に、共演していた舞台「マイ・フェア・レディ」を降板。今月5日には「昨年末より心身に不調をきたし現在も治療を続けておりますが、未だ仕事をすることが困難な状況にある」として、舞台「ピアフ」(2~3月、東京・シアタークリエ)も降板し、治療専念のため、当面の活動休止を発表した。



【文春】神田沙也加さん、死の直前に交際相手の前山剛久から「死ね」と連呼され「死ねばみんな喜ぶ」などと罵倒されていた★156 [アルストロメリア★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641713642/


【【崖っぷち】前山剛久さん、神田沙也加さんの件でどんどん仕事を失い心身不調も重なり失意のどん底へ…】の続きを読む

no title


1 Anonymous ★ :2022/01/11(火) 12:15:07.49

8日に『週刊文春 電子版』にて週刊文春編集長の加藤晃彦さんは『デスクや編集局長らと徹底的に話した末に、前山さん、読者、そして沙也加さんの関係者はどう受け止めるだろうか。ここまで書く必要はあるのか、金儲けのために人の死を利用するなといった批判は当然、予想されます。それでも掲載に踏み切ったのは、この事実があったことを知っていて、我々だけで握り潰すことはできないと考えたから』など、音声データの存在などを詳らかにした経緯を丁寧に説明しています
https://the-audience-news.com/archives/5312




参考
第41回 神田沙也加さん「恋人俳優の罵倒音声」をなぜ報じたのか
「週刊文春」編集部
 あけましておめでとうございます。本年も「週刊文春 電子版」をよろしくお願いします。

 さて、年末合併号は、紙、電子版とも1年でも最も大きな反響があった号となりました。盛りだくさんの内容でしたが、その最大の要因は、神田沙也加さんの記事だと考えています。

 松田聖子・神田正輝夫妻の「日本一有名な赤ちゃん」として生まれ、紆余曲折を経て、ミュージカル女優として輝いていた彼女がなぜ、35歳の若さで生涯を閉じたのか。小誌では、死の直前、彼女に何が起きていたかを報じました。

 彼女の部屋に残されていた2通の「遺書」。合併号の内容だけでもじゅうぶん衝撃的でした。しかし、年明け号で記者からあがってきた報告は、さらにショッキングな内容でした。

 交際していた俳優からの激しい言葉の音声が残っていた。その中には「死ね」という言葉が4回あった――。

 世間の皆さんは、こうした情報を我々が「スクープをとった!」と喜々として報じていると思われているかもしれません。実は、掲載に至るまで、編集部内でさまざまな意見を交わし、最後まで迷っていました。取材・執筆したのは芸能分野に強いベテラン記者ですが、彼もまた、この音声をどう報じるべきか、向き合っていました。

 たとえば、「こういった証言がある」といったよくある記事の書き方であれば、発言した恋人俳優に逃げ場があります。しかし、今回は、音声という決定的なファクトが残っています。世間のバッシング、特にネットを中心に批判が彼に向かうことは予想されます。

 発言をぼかして書く、といった手法も検討しました。また、一切書かないという道も考えました。しかし、最終的に取材で得た音声の主要部分は書くという判断を私がしました。

 かつてないほど悩みました。タイトル決めの時にデスクたちと話し合うのはいつものことです。しかし、今回は、締め切りの日、最初の原稿が出来上がった後に、再度デスク全員を集めて、それぞれの意見を聞きました。また、発行人である編集局長も意見を伝えてくれました。彼らの意見を踏まえて原稿を修正し、最後の校了の直前に、担当デスクともう一度、ゼロベースで考えようと徹底的に話し合いました。

 記事を、恋人俳優は、読者は、そして沙也加さんの関係者はどう受け止めるだろうか。「ここまで書く必要はあるのか」「金儲けのために人の死を利用するな」といった批判は当然、予想されます。それでも掲載に踏み切ったのは、この事実があったことを知っていて、我々だけで握り潰すことはできないと考えたからです。

 沙也加さんはなぜ音声を録音し、何人かの関係者に送っていたのか。沙也加さんの死は、精神的な不安定さが招いたことだったのか。スターである母との関係に悩み、葛藤と努力を重ね自らのアイデンティティーを確立し、幸せを求めた沙也加さんの死を、批判を怖れて封印するのは、「週刊文春」としてあってはならないと判断しました。

 さまざまなご批判、ご意見がある記事だと思いますが、上記のように考えて掲載に踏み切りました。記事を読んでいただき、皆様の判断を仰ぎたいと考えています。
https://bunshun.jp/denshiban/articles/b2232


【【真相】週刊文春が神田沙也加さんと前山剛久の罵倒音声を報じた理由が明らかに…!】の続きを読む



1 Egg ★ :2022/01/10(月) 07:52:49.00

制御不能だ。昨年12月18日に急死した女優・神田沙也加さん(享年35)に関する衝撃の報道が飛び出した。

 6日発売の「週刊文春」が恋人の俳優・前山剛久(30)との口論現場を詳細に報道。12月中旬、前山が沙也加さんに無断で契約した別のマンションを巡り2人がヒートアップ。前山の口からは「死ね」という禁断ワードも飛び出した。

 決して前山の本心ではないものの、ネット上では批判が殺到。前山は5日、所属事務所を通じて「治療に専念するため、当面は活動を休止させていただくことを併せてご報告申し上げます」と発表した。

 一連の騒動で気になるのは、生々しい〝暴言音声〟が表に出てしまったこと。そしてこれらが母で歌手の松田聖子(59)の及ばぬところで起きていたことだ。ワイドショー関係者の話。

「聖子さんは沙也加さんが前山さんと交際していることは、知らなかったそうです。当然、暴言音声の存在は知る由もない。沙也加さんの〝苦悩〟を報道で知り、大きなショックを受けているそうです」

 沙也加さんと聖子の親子関係は特殊で「母子であり、友人であり、同じ芸能界で競うライバルでもあった」とは2人を知る音楽関係者。ここ数年は親子の交流はほとんどなかったという。

「一連の文春報道で聖子さんが介在した形跡はありません。ある意味、蚊帳の外。親として『これ以上の報道はやめてほしい』と言う権利はありますが、権限がないんです」(テレビ関係者)

 沙也加さんが荼毘に付された先月21日、彼女の所属事務所は「神田を守れなかったという責任を真摯に受け止めております」という声明を発表した。沙也加さんが〝追い込まれていた〟ことを暗に示唆する内容で、事務所コメントとしては異例だ。

 沙也加さん亡きあとも繰り広げられる暴露合戦に終わりはあるのか――。

東スポ 2022年01月10日 05時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3914657/

写真

(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


【【衝撃報道】神田沙也加さん、恋人との暴言音声の流出で事態がとんでもない方向に動き出してしまう…】の続きを読む

このページのトップヘ