小室圭



1 風吹けば名無し :2022/03/11(金) 06:20:07.46 ID:qCp7IhS70.net

眞子さんにとってもNYに来てからの3カ月は“誤算だらけ”であり、新生活に幻滅している可能性がある、と語る。

「第1の誤算は、渡米早々に海外メディアに自宅を突き止められてしまったこと。
報道をもとに、一般の人々にも夫妻の生活するマンションの住所が知られてしまい、“観光地化”してしまいました。

第2の誤算は海外メディアが取材するだけではなく、NYの市民も眞子さんの姿を撮影し、SNSに上げてしまっていること。眞子さんが望んでいたのは、一般人として自由に外出したり買い物をしたりすることでした。
しかし、それもままならない状況です」

第3の誤算は、NYの治安の悪化。特にアジア系に対するヘイトクライムが増えているのだ。小室夫妻の住むマンションも、一歩外に出ると安全とは言い難い。

「2月10日には自宅のすぐ近くで銃撃事件も発生しています。
そして第4の誤算は、小室さん自身に対する評価が落ちてきていることです。
前述のように、支援者たちからも小室さんの司法試験合格を危ぶむ声が増えており、さらに日本政府からはNYを退去して、別の州で弁護士資格を取得することを提案されたとも聞いています。
眞子さんの夫に対する評価も、低下せざるをえないでしょう」

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12268-1513372/


【【俺が守護るンだわ】小室眞子さん、NYでのパパラッチに追いかけ回される生活にウンザリしていた】の続きを読む



(出典 www.news-postseven.com)



1 風吹けば名無し :2022/03/10(木) 21:43:07.04 ID:T4Gi9B9N0.net

現在のお二人の警備状況は

「自宅マンションに24時間常駐するようなプライベートな警備はついていません。ただ、日本の警察からNY総領事館に出向している警察官2名が毎日小室さん宅の周囲の見回りを行っています」(政府関係者)

 これだけでは万が一の事態が生じた際に迅速に対応するのは難しい。そこで浮上したのが警備をNYの民間警備会社に委託するという案だった。

「外務省と警察庁の担当者が検討を始めています。また、その警備費用の原資について、外務省報償費、いわゆる外交機密費を充てるという案も検討されています」(同)

 ちなみに、外務省報償費とは、使途を秘密にしなければならない外交活動に使うためのお金である。もちろん原資は税金だが、具体的な警備費用はいくらになるのか。本誌(「週刊新潮」)が米国警備事情に詳しい警備会社に実際に見積もりを依頼したところ、一番安いプランでも月額およそ3900万円、私邸の常駐警備なども加えると、「月額費用は7千万円を超えます」(担当者)という。年間でいうと8億円にものぼる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/684f62a9e1e7fa0e82061f7f4808d48d4955cd06


【【国の宝なンだわ】小室圭夫婦の警備費に月7000万円かかってるという事実wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



1 ラルテグラビルカリウム(SB-iPhone) [US] :2022/03/01(火) 21:52:25.15


画像

(出典 i.imgur.com)

2

(出典 i.imgur.com)


【【画像】小室圭さん、どんどんワイルドになっていくwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



【【メシ美味いンだわ】試験から解放された小室圭さん、幸せ太りwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



1 風吹けば名無し :2022/02/26(土) 17:11:27.56

https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/202202250000606_m.html?mode=all&utm_source=AMPbutton&utm_medium=referral

英紙デーリー・メール(電子版)が英時間24日(日本時間25日)、米ニューヨーク州司法試験2日目に会場でキャッチしたとする秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(30)の夫、小室圭さん(30)の様子を前日に続いて再び、写真付きで報じた。試験は米時間22、23日に州内4カ所で実施。同紙は試験初日に会場から出てきたポニーテール姿の小室さんの姿を報じていた。

この日の続報でも、小室さんはポニーテール姿。ジャケットこそ着てなかったが、前日と同じデニムシャツに紺色のズボン、映画「スター・ウォーズ」とVANSがコラボしたスニーカーのコーディネートだった。昼休み時間なのか、コーヒーカップを手に会場に入っていったという。同紙はシャツの胸元を大きくあけたカジュアルな装いが、結婚会見時のスーツ姿とは全く雰囲気が異なるなどと指摘。小室さんの様子を「信じられないほど暗い表情にみえた」などと伝えている。

弁護士資格取得を目指す小室さんは、昨年7月に同試験に初挑戦したが、昨年10月の結婚直後に不合格が判明。これが再挑戦となる。結果は早ければ4月末にも発表されるが、再び不合格だった場合は就労ビザ取得にも影響が出てくる可能性もある。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)


【【やべえンだわ】試験後の小室圭さん、周りがビックリするほど落ち込んでいたwwwwwwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ