神田沙也加


no title


1 名無しさん@公演中 :2021/12/27(月) 15:56:35.75

誰と結婚したら死なずに幸せだったんだよ?


【じゃあ仮に神田沙也加は誰と結婚したら幸せだったんだ?】の続きを読む


【闇深】ナベプロ系事務所 谷原章介「前山剛久 忖度」 『めざまし8』神田沙也加一線引く発言の裏側 メディアは「文春」記事後追いせず

1 冬月記者 ★ :2022/01/10(月) 21:45:49.18 ID:CAP_USER9.net

https://social-fill.com/archives/9909

谷原章介「前山剛久忖度」ナベプロで『めざまし8』神田沙也加一線引く発言の裏側に注目

 昨年12月18日にこの世を去った神田沙也加さんの件が、波紋を広げている。

 神田さんが亡くなった札幌市内のホテルの部屋には遺書のような書き置きが遺されており、そこには交際相手である俳優の前山剛久のことも記されていたという。さらに年明け、「週刊文春」(文藝春秋)が「前山が、神田さんの急逝直前に『死ね』など罵倒をしていた」という音声の内容を公開。衝撃が走った。

 記事が出た後、前山は活動休止を発表。前山が神田さんと交際中に連絡を取り合っていたという元カノA子さんについても注目が集まった。グラビアアイドルの小島みゆなどの名前も出ているが……。

 ただ、テレビ含め大手メディアは「文春」の記事を後追いすることはない。スポーツ紙も一様に前山が「心身の問題で活動休止」と語るのみだ。前山がワタナベエンターテインメント(ナベプロ)という影響力ある事務所の所属だからではないか、という意見も多く耳にする。確かに報道を見る限りではその印象も否めない。

 そうなると、一時は称賛された「アノ俳優」の発言にも疑問が出てきてしまう。

「『めざまし8』(フジテレビ系)の谷原章介さんですね。谷原さんは神田さんが12月21日に密葬された翌日、同番組で『改めて神田沙也加さん、ご冥福をお祈りしたいと思います』『今日で神田さんのことについての報道は、めざまし8では一線を引いて終わらせたいと思います。本当に失礼致しました』としました。

 この発言には『めざまし8を支持します』『今回に限らず亡くなった方の家族に、平気でマイクを向ける報道なんていらない』など共感の声が多くあったんです。

 しかし、そもそもテレビ局もこの報道に及び腰であること、谷原さんが所属する株式会社ジャパン・ミュージックエンターテインメントが、ナベプロの系列。谷原さんと前山さんは事務所という点ではつながっており、まともにコメントもできないはずです」(メディア記者)

 こうしてみると、報道にもさまざまな意図が見え隠れする。


【【闇深】神田沙也加さんについて一線をひいた谷原章介さん、そこに隠された様々な意図が明らかに…!】の続きを読む


no title

1 jinjin ★ :2022/01/13(木) 23:54:12.23

そして神田沙也加は「伝説」となった…偲ぶ人の多さと知名度の高さを再認識


先月18日に急逝した神田沙也加(享年35)の功績が改めて見直されている。

ミュージカル女優として実力、集客力を兼ね備え、5年先の舞台の予定もあったそうで、「アナと雪の女王」の楽曲「生まれてはじめて」と「とびら開けて」は神田の訃報以来、カラオケランキングで急上昇。

訃報を機に神田を偲ぶ人の多さと知名度の高さを再認識させた。


■誰もが知る「アナ雪」

また、子供時代のいじめ体験など、これまであまり報じられていなかった面も明らかに。
中学時代はいじめが原因で3度も転校。全寮制の中学では下着を盗まれたり、布団を濡らされたりするなど、逃げ場のない壮絶ないじめを経験したという。

それでも母・松田聖子(59)と同じフィールドで勝負するという一番厳しい道を選び、完全実力主義のディズニープリンセスにまで上り詰め、敬愛してやまない大地真央の当たり役ミュージカル「マイ・フェア・レディ」を演じるまでに至った。


心理学者の富田隆氏は「親の七光よりハンディのほうが多かったのでは」としてこう続ける。

「両親が有名すぎたために、子供時代から並大抵の努力では評価されない、周囲の目が非常に厳しい環境で育っている。いじめられるのは“仕返しをしない”からで、いじめられてもひたすら我慢していたのでしょう。芸能界ではそんな苦労を売りにする人も多い中、実力だけで勝負する仕事に対する向き合い方からも本当に誠実で真面目な方だったのだと思われます。そんな環境ゆえ、交友関係は“広く浅く”は難しく、“狭く深く”なりがち。一度人を信用するとどこまでも信頼しようとする傾向があり、1人にはまりやすく、利用しようとする側からは都合がいいという危うさもあったはず。そういった日常生活のネガティブな面を仕事に打ち込むことでプラスに昇華し、キャリアを築いてきたのでしょう」


■元交際相手の「罵声音声」も

遺書の存在も明らかになり、共演者で元交際相手の俳優・前山剛久(30)に「死ねば」と罵倒される音声も残っていたと発売中の「週刊文春」は報じているが、生真面目な神田がなぜ目標としていたミュージカル上演の途中で命を絶ったのかなど謎は残る。神田の存在は伝説になりつつあるようだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/265ff040d6ad774f15d08ac5dba77c866c6228c6


【【そして伝説へ】神田沙也加さん、亡くなった事によりその功績の偉大さが明らかになる…】の続きを読む


no title
no title

1 冬月記者 ★ :2022/01/08(土) 07:53:19.00 ID:CAP_USER9.net

https://social-fill.com/archives/9905

小島みゆ「ツイ消しか」前山剛久とテレビ台会話と合致…神田沙也加との疑惑深まるワケ

 昨年12月18日に亡くなった、神田沙也加さん。

 その交際相手である前山剛久に関し「週刊文春」(文藝春秋)が、「神田さんが亡くなる直前に前山が罵声を浴びせていた音声がある」と記事を公開。その内容は執拗に「死ね」と連呼するかなりショッキングな内容だった。

 5日にネットでこの記事が出た直後に前山は活動休止を発表。タイミングとしても「逃げた」という扱いを受けている状況だ。世間のバッシングは強い状況が続いている。

 そんな中、前山が「神田さんと交際中にも連絡を取り合っていた元カノA子さん」にも注目が集まっている。そのやり取りのLINEの内容も「文春」は公開しており、見方によっては神田さんを嘲笑しているともとれるもので「誰なのか」と話題になっていた。


ネット上では何人もの名前が出たが

 ネット上では何人もの名前が出たが、現在注目されているのが、グラビアアイドルの小島みゆだ。

「前山さんとやり取りするLINEの画面がSNS上で流出し、小島さんの名前があったために『A子なのか』と騒がれました。

 また、流出した前山さんとA子さんのLINE画像では神田さんのやり取りの他『テレビ台』に関する会話がありますが、小島さんが神田さんが亡くなる12月10日にTwitterで『テレビ台に関する発言』をしていたという声もあり、そのスクリーンショットが出回っています。そして、小島さんはそのツイートを現在削除しているという指摘も……。

 いずれにせよ疑惑は深まる印象ですが、LINEもツイートもねつ造できるのもまた事実。一概に鵜呑みにはできません。

 ただ、これだけ疑惑が拡大している状況を考えると、小島さん側もなにがしかの否定のアナウンスをすべきでは、という声もあります」(メディア記者)

 小島は年始3日以来、ツイートはないが……。


前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641550369/





【【疑惑】神田沙也加さんと交際していた前山剛久さん、その元カノとして注目されている人物が明らかに…】の続きを読む



1 風吹けば名無し :2022/01/08(土) 07:58:30.38

見ようぜ


【【朗報】神田正輝さん、テレ朝の朝だ!生です!旅サラダ!にて元気な姿を披露】の続きを読む

このページのトップヘ