面接


no title

1 ちーん :2022/01/13(木) 21:29:04.48 ID:nV9NMdskd.net

408 風吹けば名無し 2022/01/13(木) 19:32:27.43 ID:qKPQ4ths0
【悲報】ワイニート、牛宮城不採用

(出典 i.imgur.com)


【【爆笑】牛宮城の面接に落ちたなんJ民が現れるwwwwwwwwwwww】の続きを読む



1 牛丼 ★ :2021/12/18(土) 14:11:27.01

 (略

’18年4月に結婚したことを機に、家族で石川県に移住した壱成。しかしネットの誹謗中傷が引き金となり、うつ病を患っていたとメディアで明かしていた。同誌のインタビューでは、「この秋口には工場のライン作業や介護士、車の内装クリーニングとか、全部で20社ほど受けましたが、ぼくの“悪評”をメディアで知っていたのか、全部面接でダメ」と定職に就けなかった苦労も打ち明けている。

今回の離婚にあたって慰謝料はないものの、壱成は長女の養育費を月4万円支払っていくという。年末には自宅を引き払うようで、「今後はアルバイトでも何でもして養育費を稼がないと」と語っている。一方で、「落ち着いたら東京に戻ろうと思っています。運がよければ芸能界に戻れるかもしれないですが」と“復帰”も視野に入れているようだ。

「壱成さんは90年代前半に、中性的なルックスで“フェミ男”として大ブレイク。ですが彼はルックスだけでなく、演技力にも定評があったのです。特に壱成さんが主演した野島伸司さん脚本の『未成年』『聖者の行進』(ともにTBS系)では、彼の繊細な感情表現に心を打たれた視聴者が続出。ドラマは大ヒットしました。

壱成さんは最近のインタビューで、’97年放送の『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ系)の撮影時期にもうつ病を患っていたと明かしています。『(現場スタッフから)根性論を言われ続けたことで、症状が悪化していきました』と当時を振り返っていましたが、時代とともに世の中の価値観も変わりつつあります。石川県でも演技の勉強をされていたと聞いていますので、今の時代なら自分のペースで再び役者に挑戦できるチャンスがあるかもしれません」(芸能関係者)

過去には様々なトラブルも経験した壱成。3度目の離婚を機に新たな人生をリスタートさせようとしている彼に、ネット上では「役者復帰を!」との呼び声も少なくない。

《壱成さんの演技は唯一無二です。またやれると思います》
《未成年、聖者の行進見てました。石田さんの演技、また見てみたいです。未だに心に残ってます。才能があるのに勿体ない! 演技力はお父様も超えていたと思いますよ!》
《本人が思ってるよりファンはたくさんいると思う そして、みんな待ってるよ 立ち直って、あの演技を見せてくれ そしたら養育費も払えるし》

果たして、愛娘のためにも発憤興起できるだろうかーー。
https://news.yahoo.co.jp/articles/cda99696396633d6d5333a23a2646e7c94c50098


【【悲報】いしだ壱成さん、あらゆる仕事の面接をしていた事が判明も全てアウト…もう芸能界しかない模様】の続きを読む

このページのトップヘ